脱毛に関する専門用語

永久脱毛の説明をカウンセリングで受ける際に、なるべくわかりやすい説明を心がけているところがほとんどかと思われますが、医療機関等ではどうしても脱毛に関しての専門用語が飛び出すことがあります。医師と看護師との間では特に医療用語や専門用語が飛び交っていることもありますね。スタッフの方ではいつも使い慣れている言葉であることがほとんどなので、ごくごく自然に会話の中に出てきてしまうことが多いですね。カウンセリングの際にも専門用語で説明をされてしまうと、正直一般人には、わからないままの説明ということもあるかも知れません。そうなると、脱毛に対しての不安感や満足感が得られないという結果になってしまう可能性も大きくなってしまいます。ここでは、永久脱毛時よく使われている専門用語を中心にいくつか紹介をしてみたいと思います。
パッチテストという言葉があります。これは敏感肌やアレルギー体質の方が脱毛を行なう際にアレルギー反応が出るか出ないでいられるかを調べる方法で、目立たない部分に薬剤を塗布し様子をみるのです。肌のトラブルでは角化という言葉もあります。これは古くなった表面の皮膚のことで皮膚の奥から押し上げられて表面に出てきた状態です。埋もれ毛はよく聞きますが、無理に抜く自己処理を行なうと皮膚の下で丸まったまま生えないできている状態です。毛穴の炎症を起こす場合もありますから永久脱毛の際には決して行なってはいけない方法です。

関連ページ

安心して行なえる脱毛方法とは
大きな負担をかける永久脱毛、スタッフの技量なので安心して永久脱毛を行なうためにはスタッフの質が心配です。
資格あってこその永久脱毛
資格を持ちその資格を掲げてある場合はとても信頼ができ、安心して施術を受けることができますね。
かけもち脱毛は可能か?
脱毛のキャンペーンや体験によるお試し脱毛によりかなり安価に脱毛が受けられるところが多くなっていますがかけもちはできるのでしょうか。
脱毛に効果がある食べ物がある
ムダ毛を抑える効果がある食べ物はあるのでしょうか?ムダ毛にはホルモンバランスが関係しているようです。
ムダ毛の毛質は遺伝する?
最近の研究の中ではムダ毛などの毛深い体質は遺伝性のものであるという研究結果があります。