毛周期と脱毛の関係

永久脱毛を利用する際はどこの施設でもいきなり脱毛は始めません。まずはカウンセリングといって、事前に永久脱毛についての説明や毛の説明、体質のチェックなどがあります。その中で必ず気に留めて置かなければならないことが毛周期と呼ばれるものです。毛周期とは一体どのようなものであるのか、簡単ではありますが説明をしてみたいと思います。まず、毛は毎日成長を続けており何も処理をしなければ1日に0.2〜0.4ミリくらいの割合で伸びてきています。そして、毛は伸び続ける期間と一定の長さまで伸びたら成長を止めて自然と抜け落ち、しばらく休憩をして再び生え始めるというサイクルを繰り返しています。この一連の流れを毛周期と呼んでいます。それではもう少し詳しく説明をしてみましょう。まずは、毛根内の毛乳頭と呼ばれる細胞が活発に働き、毛を作り出して伸ばしている期間を成長期と呼びます。ある程度の長さまで生えてしまうと毛は成長を止めてしまうのですが、これを退行期と呼び抜け落ちやすくなってしまいます。ここから完全に抜けてしまうと毛はしばらく生えるのを止め眠ってしまいます。この期間を休止期と呼び、ある程度の期間が過ぎると再び成長期に入り毛を作り出します。この毛周期は個人差がありますが、毛が生えている部分により期間に違いがあります。3ヶ月くらいで生え変わる部分や髪の毛は数年単位という場合もあります。ちなみに永久脱毛に適している期間は成長期が一番の効果を発揮します。

関連ページ

毛には種類がある
毛にも個人差がありますが、一般的に区別される毛の種類について紹介をしています。永久脱毛の際に参考にしましょう。
毛にまつわる病気
脱毛したい気持ちは人によって異なりますが、毛に関する病気として多毛症があります。原因としては主に3種あるようです。
毛の悩みによって永久脱毛を考える
理由は様々ですが、自己処理にうんざりし永久脱毛をしたいと考える方も多いようです。