毛にまつわる病気

永久脱毛を考えるきっかけは人により様々と思われますが、ここでは毛に関する病気というものを紹介してみたいと思います。普段なにげなく見ている毛ですが、実は毛に関する病気は身体の異常とも関係がある場合があるのです。それではどのようなものなのでしょうか。
代表的なものが多毛症と言われる病気です。永久脱毛を考える方は多くの方が自分は毛深いと思っているでしょうが、多毛症の場合は病的に明らかに全身の毛が多く生えている症状を言います。この症状は全身に及ぶ場合や部分的な場合があるのですが、明らかに人としては多い毛の量であるために、深刻な精神的ダメージや日々の生活に支障が出る場合が多いです。原因としては主に3種に分けることができ、遺伝性によるもので多毛症の半分くらいの割合がこの原因となります。遺伝のため根本的な治療は難しいですね。もうひとつは、ホルモンの分泌が異常となり多毛となるケースです。女性の機能である卵巣が正常に働かず男性ホルモンが多くなってしまうことによる多毛症です。後天性のため改善の余地があります。その他には内服薬の副作用やホルモンの量を調節する役目を持つ脳下垂体の異常などが考えられます。後天性の場合はホルモン量を調節するための治療が行なわれる場合がありますし、遺伝的なものも含め永久脱毛により脱毛を行ない毛の処理するといった方法があります。また、逆に全身の全ての毛が抜けてしまう脱毛症という病気もあります。

関連ページ

毛には種類がある
毛にも個人差がありますが、一般的に区別される毛の種類について紹介をしています。永久脱毛の際に参考にしましょう。
毛周期と脱毛の関係
毛は伸び続ける期間と一定の長さまで伸びたら成長を止めて自然と抜け落ち休んでまた生え始めるようです。
毛の悩みによって永久脱毛を考える
理由は様々ですが、自己処理にうんざりし永久脱毛をしたいと考える方も多いようです。