毛には種類がある

ひとくちに毛といってもいくつかの種類があるのをご存知ですか?全身の毛には部分によってまっすぐな毛質や波状の毛質、細い毛や濃くて太い毛があることでしょう。毛にも個人差がありますが、ここでは一般的に区別される毛の種類について紹介をしてみたいと思います。永久脱毛の際にもぜひ参考にしてみると良いですね。
人間に生えている毛は主に無性毛と性毛というものに分けられます。これはどうしてかというと、身体を作るうえで欠かせない性ホルモンというものが大いに関わってきているのです。性毛とは思春期に入ると性ホルモンが活発となり、子供の頃には無かった毛が生えてきますね。代表的なものはわき毛やアンダーへアでしょう。男性であればスネ毛やヒゲが生えてきます。中には胸毛やへそ下の毛も生えてきますね。これらは性ホルモンの作用による結果であり、スネ毛やヒゲなどは男性ホルモンが特に活発となる男子に生えてきます。硬くて太く波状で生える方向もバラバラで処理に苦労します。
無性毛はどのようなものかというと、性毛以外に生えている毛のことであり、二次性長期前に生えている毛のことです。髪の毛や腕や脚にすでに生えている毛、まゆ毛などですね。これらはどちらかというと、細い毛が多く生え方も均一な方向が特徴です。永久脱毛は性毛のような濃い毛の方が効果は高いようなのですが、毛の生え変わりは無性毛の方が短い期間のため永久脱毛がしやすいとも言われています。

関連ページ

毛周期と脱毛の関係
毛は伸び続ける期間と一定の長さまで伸びたら成長を止めて自然と抜け落ち休んでまた生え始めるようです。
毛にまつわる病気
脱毛したい気持ちは人によって異なりますが、毛に関する病気として多毛症があります。原因としては主に3種あるようです。
毛の悩みによって永久脱毛を考える
理由は様々ですが、自己処理にうんざりし永久脱毛をしたいと考える方も多いようです。