毛の基本的理解、間違った毛の知識としての産毛

永久脱毛をしたのに余計毛が濃くなったという話があります。
この原因はホルモンバランスではないかというのは間違いです。
実は産毛が太くなったり増えたりするのは体の不思議な反応によるものなのです。
この現象はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛で見られるようです。

 

特にレーザーの強い熱によりダメージを与えられなかった毛根の成長が逆に活性化されてしまい、もともと細く柔らかかった毛が太く硬い毛に変化してしまうという事なのです。

 

こうなりやすい部位はだいたい決まっていて、顔やうなじ、お腹、背中など比較的産毛が生えていることが多い部位に起こります。
もし永久脱毛した部分にこのような現象が起きてしまっていることに気が付いたときは永久脱毛したサロンやクリニックに相談しましょう。

 

産毛が変化してしまった場合に無料でその部分を再度脱毛してくれるところもあります。
脱毛前のカウンセリング時にこのような状態になった時の保証の有無を確認したり対策について聞いてみるといいでしょう。
家庭用脱毛器で起こってしまった場合はまずもう一度その部分を脱毛してみてまた生えてくるようなら皮膚科で相談をしてみましょう。

 

こうならないために産毛が多い部分はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛ではないほかの方法で永久脱毛をすると防ぐことができます。
サロンやクリニックによってはフラッシュやレーザーの照射後に産毛が太い毛に変わってしまった場合、その毛だけをニードル脱毛で抜いてしまうところもあります。

毛の基本的理解記事一覧

ひとくちに毛といってもいくつかの種類があるのをご存知ですか?全身の毛には部分によってまっすぐな毛質や波状の毛質、細い毛や濃くて太い毛があることでしょう。毛にも個人差がありますが、ここでは一般的に区別される毛の種類について紹介をしてみたいと思います。永久脱毛の際にもぜひ参考にしてみると良いですね。人間に生えている毛は主に無性毛と性毛というものに分けられます。これはどうしてかというと、身体を作るうえで...

永久脱毛を利用する際はどこの施設でもいきなり脱毛は始めません。まずはカウンセリングといって、事前に永久脱毛についての説明や毛の説明、体質のチェックなどがあります。その中で必ず気に留めて置かなければならないことが毛周期と呼ばれるものです。毛周期とは一体どのようなものであるのか、簡単ではありますが説明をしてみたいと思います。まず、毛は毎日成長を続けており何も処理をしなければ1日に0.2〜0.4ミリくら...

永久脱毛を考えるきっかけは人により様々と思われますが、ここでは毛に関する病気というものを紹介してみたいと思います。普段なにげなく見ている毛ですが、実は毛に関する病気は身体の異常とも関係がある場合があるのです。それではどのようなものなのでしょうか。代表的なものが多毛症と言われる病気です。永久脱毛を考える方は多くの方が自分は毛深いと思っているでしょうが、多毛症の場合は病的に明らかに全身の毛が多く生えて...

ムダ毛が多い方や毎日のような自己処理にうんざりし永久脱毛をしたいと考える方も多いことでしょう。様々な毛の症状で1人思い悩み、精神的にも良い状態とは言えない方がいることも事実です。病気として多毛症と呼ばれる場合は、治療が必要な場合もありえます。しかし、多毛症までいかなくとも、特に女性の場合は毛の量を気にして考えている方が非常に多いですね。毎日1人で悩まず、そのような場合は永久脱毛についてぜひ検討をし...