永久脱毛はどこが良い?サロンそれともクリニック?

永久脱毛は、どこで施術するかで大きく変わってきます。
大きく分けて、クリニックと脱毛エステサロンになりますが、そのメリットについてお伝えします。

医療クリニックのメリット

永久脱毛を目標にする方にとって、脱毛方法の選択は非常に重要な問題です。

脱毛方法は多岐に渡りますが、中でも特に脱毛効果の高い、医療脱毛のお話をしたいと思います。

 

医療脱毛とは、美容皮膚科や美容外科などのクリニックで施術を受け、将来的に自己処理の不要な肌に仕上げる脱毛法です。
具体的な脱毛方法は、医療レーザーを使用したレーザー脱毛が主流です。
医療レーザーは医師の指導のもとに使用するほかないため、脱毛サロンやエステなどでは施術を受けることが出来ません。

 

医療レーザーは、脱毛サロンやエステなどで主流となっているフラッシュ脱毛と比較し、出力の高い光を使用するため、組織に与えるパワーが大きいのが特徴です。
かつて主流であったニードル脱毛に次いで、脱毛効果が高いとされ、現在永久脱毛に一番近い効果が得られる脱毛方法と言われています。

 

レーザー脱毛のメリットは、ニードル脱毛と比較すると非常に痛みが小さいこと、施術時間が短いことです。
また、脱毛サロンやエステで主流となっているフラッシュ脱毛と比較すると、脱毛効果が高いだけでなく、クリニックに通う回数も少ないようです。
そして、何よりもクリニックで施術できるという点も、魅力のひとつです。

 

医師の指導のもとでレーザー施術をするため、もしも脱毛を通して皮膚の炎症や火傷が起きてしまっても、薬の処方など治療を受けることが可能です。
医療脱毛は保険が効かずに少し高額となる場合もあるのですが、近年は脱毛サロンと比較してもそれほど変わらない料金で施術を受けることが出来るようです。

 

脱毛サロンのメリット

脱毛サロンとは、ムダ毛の脱毛を専門で行うエステサロンのことで、近年急激に店舗数を伸ばしている業種です。

では、脱毛メニューのある普通のエステとの違いはどういうところにあるのでしょうか。

 

まず、脱毛に特化したエステサロンなので、当然ながら脱毛を目的とした利用者が集まるところです。
脱毛は、1回あたりそんなに時間をかけないので、客の回転率が高いようです。
入れ替わり客が出入りしているイメージですね。
そして、メニューが脱毛メインなので、サービスが簡素的なところも多いようです。

 

店内もサロンによりますが、シンプルなつくりになっていることも多く、利用者の居心地の良さよりも入りやすさ、使い勝手を重視しているところが多い傾向にあります。
半永久脱毛を目的とした利用者がほとんどで、2〜4ヶ月に1度の割合で通うケースが多いのも、脱毛サロンの特徴です。

 

脱毛方法は、医療行為に当たらない、フラッシュ脱毛がメインで、お店によってはニードル脱毛法や低出力のレーザー脱毛法を併せているところもあります。
脱毛サロンの最大のメリットは、脱毛料金と脱毛の痛みが少ない点です。
料金は、キャンペーンを適用すると非常にリーズナブルです。

 

脱毛の痛みは、フラッシュ脱毛のみであれば、どの脱毛方法と比べてもほとんどありません。
痛みの感じ方は個人差があり、脱毛部位によっても違いますが、レーザー脱毛やニードル脱毛に比べると格段に痛みが小さいようです。
痛みに弱い方、低コストで気軽にサロンへ通いたい方にはおすすめです。

永久脱毛についての歴史

永久脱毛は一体いつ頃から行なわれていたのか気になりませんか?
脱毛という括りで調べてみると、何と脱毛の始まりは紀元前から始まっていたというのです。

 

その歴史は2万年前ほどに遡ってしまいます。その当時から人は体毛を気にしていたのですね。
脱毛の意味は今と変わらず美意識の追求から行なわれていたようで、地域によっては宗教的な意味合いもあったようです。

 

紀元前の脱毛方法と言えば動物の骨や貝殻を使用し毛を剃る方法を行なっていたようです。
その後脱毛方法は様々な方法が考えられ、ペースト状のものを肌の上に転がしながら毛を絡め取る方法も考えられています。
紀元前3世紀前後にはピンセットに様なものを用いて1本1本毛を抜き去るという方法が考え出されました。

 

また、縄を転がして縄の隙間に毛を絡ませて抜くという方法も文献に残っているようです。この方法は現在でも形は違えども広く利用をされているのではないのでしょうか。そして、有名なクレオパトラがいた時代では現在でいうワックス脱毛が発明されクレオパトラも利用されていたと言われています。

 

その後脱毛に関しては時代を超えても世界各国でも研究をされ、中には身体に重大な損傷を与えるような恐ろしい方法も編み出されました。永久脱毛はその頃からの永遠のテーマだったのでしょう。
今から100年ほど前に電気針による永久脱毛が発明されました。
因みに現在の主流となるレーザー脱毛ですが、つい数十年前という歴史の浅い方法なのです。


永久脱毛の概念

永久脱毛と言えば、一度脱毛を行なえば一生ムダ毛が生えてこないものだと思いますね。
毛の生えているところに大きなダメージを与えなければならないため、その分効果は高いのですが、ここでは永久脱毛と呼ばれるための基準というものをご紹介してみたいと思います。

 

脱毛にも協会というものがあり、そこで脱毛の定義というものが定められています。
これによると脱毛が終了し1ヵ月経った後の状態で、ムダ毛が再び生えている割合が2割以下であれば永久脱毛とするということが定められています。

 

このことから、実は永久脱毛といっても2割ほどは再び毛が生えてくるという可能性が考えられるということになるわけです
2割をどう考えるかは個人差にもよるかと思われますが、長年ムダ毛で悩みその割合が8割以上無くなったということを考えるとかなり少ない量の再生率なのではないかと思われます。

 

また、永久脱毛を行なうことができるのは医療機関であり、医師が常駐していることが決まりとなっています。
そのことから脱毛機器の威力はかなり強いものであり、必要時医師の対応がなされるということから、肌や身体へのダメージも大きくなりやすいという可能性もあるのですね。

 

現在は全国の主要都市には永久脱毛ができるクリニックや医療機関のひとつはあるくらい身近なものとなりました。
施設により特徴や料金に違いはあるかと思われますが、自分に合ったところで脱毛が受けられるよう情報収集をすると良いでしょう。


永久脱毛を考えて毛の仕組みを知ろう

永久脱毛を考えているならば、普段何気なく見ている毛ですが、全身で何本くらいか考えてみたことはあるでしょうか?
人により若干の違いはあるもののあわせて500万本くらいと言われています。
聞いてびっくりされる方がほとんどでしょう。
しかし実際に皮膚表面に見えている毛は150万本弱と言われており、半数以上の残りの毛は皮膚の下でまだ表に出てきていない毛と言われています。

 

ここでは毛の仕組みを説明しましょう。
実際に永久脱毛を行なう際にも必ず施術前にカウンセリングというものがあり、毛についての説明がなされます。
その際にきちんと毛についての知識があれば、更に理解がしやすく永久脱毛への不安感も少なくなるでしょう。

 

まず、私達が一番目にしている皮膚の外から出ている毛の部分ですが、ここを毛幹と言います。
そして、毛穴から毛が生えているのですが、この毛穴を医療用語では毛孔と言います。
ここまでが目で見える部分ですが、皮膚の下にはまだまだ毛が伸びています。皮膚のすぐ下は毛幹がまだ伸びていますが、その部分を毛根と呼びます。

 

そして、毛根の一番下で毛を抜くと黒く丸くなっている場合がありますね。その部分が毛球と呼ばれています。文字通り丸い形になっているのですが、毛球の中には毛母細胞があり毛を作り出しています。更に毛球の先には毛乳頭がありここから血液からの栄養を受け取り毛を作り出します。

 

そのため、永久脱毛では毛の再生を阻害するために毛乳頭と毛母細胞のある毛球を破壊しなければなりません


永久脱毛する前に知っておくこと、毛の役目とは

永久脱毛で施術する前に、一見ムダな毛ばかりと思える身体中の毛ですが、永久脱毛の前に今一度、毛の本来の目的や役目を確認してみましょう。
まず身体中に生えている毛には皮膚を外部からの刺激に耐えられるよう守る役目があります。

 

分かりやすいのは頭に生えている頭髪ですね。
人間の要と言える脳を物理的な刺激から守れるよう髪の毛が生えてクッションの役目を果たしています。
また、同様にワキの下も皮膚が密着して擦れあいやすい部分でもあるため、刺激から守るよう生えていると言われています。次に考えられる役目としては寒さや暑さから身を守る役目があるということです。

 

特に散髪をして髪が短くなった時、寒さや暑さを感じやすくなったことがある方は多いでしょう。
必要以上の暑さ寒さを皮膚に与えないよう髪の毛は調節しているのですね。
同じように、毛があることで紫外線を直接皮膚に伝えないようにブロックする役目もあります。
また、毛があることで些細な感覚を感じることができるという役目もあるのです。

 

これらは遠い祖先である今の私達よりも全身毛深い類人猿の時代の名残とも言われています。
しかし、時代は進み進化してきた中で次第に全身の毛は必要としなくなり、頭髪以外の毛はムダ毛として扱われるようになってしまったのです。
永久脱毛をしたいくらい、ムダ毛ばかりとがっかりせず、必ずしもそうではないということを理解しておきましょう。逆に永久脱毛をして困る部分もあるかも知れませんね。


あなたにあった永久脱毛はどこのサイト運営者より

私たち女性は、年齢を重ねれば重ねるほど、多くのものを失っていきます。
肌ツヤ、化粧ノリ、体力などなど…。
しかし、いつまでも綺麗でありたいと思うのは女性の性というものです。
結婚しても、母親になっても、綺麗な女性で居るために、ムダ毛の処理は、必須項目ではないでしょうか。

 

近年は、若いころから脱毛サロンに通い、ケアをしている女性も多いようですが、年齢を重ねてからケアの必要性に気づくケースもあります。
そして、その方法ですが、自己処理に付きまとう様々なデメリットを考えると、やっぱり、永久脱毛が気になります。

 

脱毛ブームと呼ばれている昨今、以前からあった脱毛の常識は、年々進化し続けています。
そして、今まさに、脱毛の新時代が幕を開け、かつての常識が進化しようとしています。

 

そのひとつに、男性の永久脱毛希望者の増加があります。
男性専用の脱毛サロンも増えており、男性の描く、「男性のあるべき姿」が明らかに変化してきているとも言えます。
男性の中性化という名目で、近年よく話題にのぼりますが、これは私たち女性にとって、良いことでもあるのです。
脱毛男子、草食系男子、女装男子など、中性化する男性を揶揄する呼び方が多いように感じますが、実際に見てみると、メリットのほうが多そうです。
モラハラ発言の多い亭主関白な男性が多かった昔に比べると、物腰の柔らかい、優しい男性が増えたということですよね。

 

反対に女性の場合、社会進出をする女性が増えたこともあり、肉食化、オヤジ化していると揶揄されます。
この時代の流れは、喜ぶべきことではないでしょうか。
女性が社会に進出し、様々な権利を握り、立場も強くなることで、男女差別が減ってきました。
男性が女性のことを見下すこともなくなり、お互いがお互いを認め合う関係が築きやすくなりました。
そんな新たな時代にとても良くマッチする、男性の永久脱毛。

 

近年の脱毛事情とあわせて、男性の脱毛事情も、詳しくご紹介していきたいと思います。
ぜひ、カップルやご夫婦、または親子で、脱毛のことを考えるきっかけにしてください。

 

 

毎年薄着の季節になってくると、多くの女性悩んでしまうのがムダ毛のお手入れではないのでしょうか?寒い季節は肌を露出することが少ないため比較的気にされていない部分も、春になり薄着の季節になろうとファッションを考えた際、ムダ毛の状態にビックリして慌てて処理を行なうという方も多いことでしょう。特に、わき毛はムダ毛の代表格として最低限も処理をするべきところと暗黙の了解の下、多くの女性は日々お手入れに格闘していますね。
皆さんは一体毎日のムダ毛のお手入れをどのように行なっているのでしょうか?多くの方はカミソリやワックス脱毛といった自宅で行なえる自己処理が中心でしょう。しかし、自己処理をしてもほとんどは数日ないし数週間もすれば再びムダ毛が生えてきてしまいます。そのため、同じように自己処理を繰り返し、毎回多くの手間や時間を費やすと言う状態になってしまいますね。しかも自己処理も適切に行なえなければ肌を傷つけてしまったり、炎症を起こし肌にシミが出来てしまう、傷痕が残ってしまうこともあります。誰もが「ムダ毛なんて永遠になくなってしまえば良いのに。」と思っていることでしょう。そのような中、ムダ毛処理を専門スタッフにおまかせし、専門技術で脱毛を行なってもらうことが多くの方に広まってきており、一般的となってきました。その中でも永久脱毛と謳われレーザー脱毛と呼ばれるものが該当施設で行なわれ宣伝もされていますね。しかし、永久脱毛を体験しとことが無ければ、施術の流れや脱毛方法はどのように行なわれるのか、金額面など詳しく理解している方は少ないでしょう。ここでは、気になる永久脱毛についての基本的な知識やムダ毛についての知識などについて紹介をしています。事前に理解をしておくことで効率よく脱毛が行なえますし、何よりも確実に綺麗な肌に近づくことができます。ぜひ正しい知識を持ち、ムダ毛に悩まない新しい自分になりましょう。

 

一度は永久脱毛を考えているなら
ムダ毛に悩んでいる人は永久脱毛したいなと1度は思ったことがあるものです。最近は脱毛サロンや美容クリニックが数多く立ち並び、メディアでの広告の効果もあって脱毛をしてもらいに行くということが珍しくないことになってきています。また家で脱毛ができる家庭用脱毛器も高性能のものが多く発売されていて、脱毛サロンさながらの性能があるようです。そのためほかの人に毛深い場所や人に見せたくない場所などを見られなくても自分できれいに脱毛できるということで人気が出てきています。
永久脱毛は女性のムダ毛だけではなく、実は男性も脱毛を望む人が増えてきているのです。胸毛やすね毛などのほかにひげも永久脱毛してしまうのです。これによって毎日しなければいけなかったひげそりから解放されて時間に余裕ができるのです。ひげの脱毛をしたいという人は特に毛が多い人、いくら深剃りしても青く残ってしまう人に多いようです。
脱毛サロンなどでの施術には光やレーザーを照射したり、毛根に電気を送るなどして脱毛する方法がとられます。そのため人によっては脱毛に関しての不安などがあるようです。例えば永久脱毛すると体に悪影響を及ぼすのではないか、体臭やきつくなる、汗が増える、逆に毛が太くなるらしいなどです。これらは噂程度のものやきちんと根拠のあるものなどいろいろですが、ほとんどが心配いらないものです。
気になる脱毛の料金ですが、全身脱毛をしようとすると少し値が張るかもしれません。しかし、まだ脱毛が盛んではなかったひと昔前に比べると料金は10分の1くらいになっています。家庭用脱毛器を使って全身脱毛をするとコスト的には安くなるかもしれません。全身ではなく、ワキだけとかVIOだけとかになるとお小遣い程度の料金で何回でも施術してくれる脱毛サロンもあるようです。料金が気になってなかなか永久脱毛に挑戦できない人も、まずは手軽にできるワキやVIOなどからはじめてみてはどうでしょうか。

 

エステの脱毛の一番人気はミュゼ
ミュゼをお選びしたい方は、こちらからどうぞ